猫と布山登山

お買いもの・裁縫・ネコが好きな30代後半 夫&ネコとのんびり暮らし中 好きな布を買ってたら布山を築いてしまいました。趣味が高じて、洋服のパターンも勉強中☆ 洋服作りはスローペースなので、ほぼほぼ雑記なブログです。

文庫革のネコ柄財布にひとめぼれ!サイフ新調におすすめの日を調べてみました♪

こんにちは、さびこ (@sabineko325)です。

今年の『やりたいこと100』の記事でも書いたように、今年は財布の買い替えをしたいと思っています。

“春財布”がいいとか聞きますし、もう今の財布もくたびれてるので、早いうちにと思っていたら、素敵なお財布に出会ってしまいました〜(*^o^*)
スポンサーリンク


素敵な猫柄サイフを発見!購入&使用開始によい日を調べてみました♪

ひとめぼれのお財布

猫柄の長財布です(*^^*)鮮やかな色づかいの和柄が素敵♪
三毛と、鈍色の2色展開です。

《三毛猫柄》






《鈍色猫柄》




《購入した楽天・エルベートさんの商品説明より》
真っ白になめし上げた牛革に、型押しを施し、一筆一筆を熟練の職人さんにより染め上げる。愛らしい猫がコロコロと転がる間に格式の高い四君子をあしらった可愛らしい模様。可愛らしさと上品さが見事に調和した浅草文庫の創作柄となっております。

もちろん、ひとつひとつ手作業で加工されております。
まずは白革に型を押し(浮世絵柄、小紋柄、花柄等)、一筆ずつ彩色を施し、漆で古びをつけるなど、数々の、数々の行程をへてこの色合いに仕上がるのです。ファスナーのヒキテつまみも同柄の本革を使用した細部へのこだわりも。
江戸伝統の「小紋技法」。この唯一無二の美しさ、ぜひご堪能下さい。

私も堪能したい〜!と、さっそく注文しちゃいました(*^^*)

文庫革って?

文庫革って聞いたことなくて、調べてみると、『兵庫県姫路市の特産である文庫革。姫路革ともいわれる伝統工芸品です。』とのこと。
こちらのサイトにまとめてありました。
fashion.pintoru.com

お財布を使い始めるのに良い日を調べてみました

縁起のいい日をまとめたサイトがたくさんあったので、数サイトを読んでみました。気持ちの問題だと思うので、気になったことを試してみたいと思います(*^o^*)

◇春財布

よく聞く「春財布」がいいと言われるのは、「春=張る」で財布がお金でいっぱいに膨らむイメージのようですね(*^^*)
「春財布」にあたる時期は諸説あるようですが、立春から立夏までという説が多いようです。

◇開運日

近々に運勢の良さそうな日がありました!
2018年2月1日の『天赦日&一粒万倍日』から、新しいお財布を使い始めようと思います(*^^*)

年に数回しかない最強の開運日だそうで、この日は、物事を始めたりするのに適しているようですよ。ちょうどタイミングよくて嬉しい♪

◇財布を寝かせる

使用前には、多めの新札を入れて休ませて置くといいという話もよく見かけました。

両面だけ本物のなんちゃって100万円でもいいと書いてあるサイトもあって、籠池さんが頭をよぎる(笑)

種銭や縁起物を入れるのもいいとか(*^^*) 購入先の楽天・エルベートさんが種銭をくださるようなので、それを入れておこうかなと思います♪

まとめ

久しぶりの財布の買い替えワクワクします!早く届かないかな〜(*^o^*)

お財布の新調、ちょっと調べただけでいろんな情報がありました。

お財布の色に関する記事もあって、青や水色の財布は「お金を流してしまう」とかでよくないらしいのですが、私の今のおサイフ水色でした!それも10年くらい(笑)あちゃー。

お財布変えて、何かいい変化があるといいな(*^^*)

ではでは〜。


《ご紹介した商品はこちら♪》
私は三毛猫柄にしました(*^^*)





《関連商品はこちら♪》
コンパクトでかわいい二つ折り財布は柄合わせがすごい!

ふくろう柄もほっこりかわいい♪